◎診療案内

整形外科

整形外科 整形外科とは運動器(骨、筋肉、関節、神経など身体を支えたり動かしたりする組織の総称)のケガや病気に対して診断、治療を行う診療科目です。

骨折や脱臼などの外傷から肩こり、腰痛、関節痛など様々な症状、疾患に対応しております。

治療は主に手術によらない保存的治療(投薬、注射、ギプス固定、リハビリ、装具療法など)をおこなっております。

手術治療が望ましい場合や精密検査が必要と判断した場合は症状に応じて適切な医療機関に紹介いたします。

主な症状、疾患

  • 骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷
  • すり傷、切り傷
  • 肩こり、腰痛、首の痛み
  • 肩、膝、足首などの関節痛
  • しびれ、こわばりなどの知覚障害
  • 手足の変形、腫れ、運動障害、姿勢異常、歩行障害
  • 指の引っかかり
  • 骨粗鬆症
  • リウマチ、痛風、変形性関節症など関節の腫れ、痛み
  • できものなど

当院の特徴 (クリックで詳細表示)

・運動器リハビリテーション

従来から行ってきた物理療法(機器によるいわゆる電気治療)だけではなく理学療法士による運動療法をおこなっております。

・運動器超音波検査

最新の超音波診断装置を導入し、レントゲン検査では苦手とされていた筋肉、腱、神経の疾患やしこりなどの診断に役立てています。レントゲン検査ではわからないようなズレの少ない肋骨骨折なども超音波検査で明らかになることもあります。

・キズややけど対する湿潤療法

切りキズ、擦りキズややけどに対しては消毒をしない、乾かさないといった湿潤(うるおい)療法をおこなっております。痛みが少なく早く、きれいに治るといったメリットがあります。キズによって縫った方が良い場合は縫合もおこないます。

・骨粗鬆症

健康寿命の延伸には、寝たきりとなる原因のひとつである骨粗鬆症による背骨や太ももの骨折の予防が重要と考えております。当院では全身型の骨密度測定装置により腰椎、大腿骨の骨密度検査が可能です。また血液検査もおこない、それぞれの患者さんに合った治療を提案します。治療には内服薬から注射によるものまで様々な選択肢があります。

リハビリテーション科

当院では、物理療法(低周波治療、腰の牽引、温熱治療)と運動療法を行っています。

物理療法とは、電気や温熱の力を利用して『関節や筋肉の痛みや硬さ』を和らげるためのものです。

運動療法とは、関節や筋肉の痛み・硬さの他、猫背など姿勢の崩れのある方、扁平足のような足の形の歪みのある方などを対象に、関節・筋肉のストレッチ・マッサージ、姿勢指導や運動などを行うものです。

筋肉・関節、運動について専門的知識を持ったリハビリの専門家である『理学療法士』が医師の指示の下、安全に配慮し患者さんお一人々に合わせてリハビリを行っております。

リハビリを希望される方へ

・医師による診察を受けていただきます。

・リハビリの必要性があるかどうか、医師が診察の元判断致します。

・必要性がある場合、医師から説明がありリハビリ開始となります。

・患者さんからリハビリをご希望される場合、医師にその旨をお伝えください。

※運動療法は予約制になっております。予めご了承ください。


お問い合わせ先

022-725-4645

〒981-3632
宮城県黒川郡大和町吉岡まほろば1-7-9

診 療 時 間
9:00~12:30 -
14:30~18:00 - - -

休診日:日曜・祝祭日


診察は受付順となりますが診察内容により順番が異なる場合がありますのでご了承下さい。


初診の方は検査などの都合上、診療時間終了の30分前までに受付を済ませて下さい。


◎採用情報はこちら>>

アクセス

大和警察署より800m
広い駐車場があります

◎詳細な地図はこちら>>